初心者、主婦、苦手な人向け パソコン活用情報
初心者、主婦、苦手な人向け パソコン活用情報
Windows操作編
Windows画面のいろいろ
ウインドウズではパソコンではデスクトップ画面が基本になっていましたが、Windows8、8.1では新たにスタート画面が追加されアプリを選択するようになっています。さらにWindowsストアアプリというスマホアプリのようなものが登場しました。 デスクトップ画面のWindows10ではスタートメニューからWindows8から搭載されたスタート画面へ切り替わることなく同じような操作できるようになりました。

デスクトップ画面
デスクトップ画面
デスクトップアイコン
標準でデスクトップのアイコン。設定することで表示される。 左ボタンをダブルクリックで起動できます。
ショートカットアイコン
アプリケーションやファイル、フォルダにに簡単にアクセスできるようにするためのアイコン。アプリケーションに矢印のついたアイコン。 左ボタンをダブルクリックで起動できます。
アプリケーションのアイコン
クリックするとアプリケーションを起動できるアイコン。起動中のアプリケーションのアイコンも表示される。 左ボタンで起動できます。
タスクバー
アプリケーションのアイコンや、起動中のアプリケーションのアイコンも、常駐しているソフトなどが表示されている。
スタートメニュー
アプリケーションを起動するためのメニュー。Windows8、8.1ではスタート画面に移動する。

スタート画面
スタート画面
タイル
クリックするとアプリケーションを起動する。さらにライブタイルという情報も表示されるものもある。
電源オプション
ウインドウを終了して電源を切る(シャットダウン)する、Windowsを再起動するなどができる。 Windows8の場合は右上、右下に矢印(マウスカーソル)を移動して設定をクリックすると電源オプションが表示される。
デスクトップ画面に切り替え
デスクトップに切り替えるためのタイル。Windows8ではこれによって切り替える。8.1ではデスクトップで起動できるように設定もできる。
すべてのアプリ
インストールしているアプリケーションを表示する。スタート画面に表示されていないものを探せる。 Windows8の場合はスタート画面で右ボタンをクリックすると「すべてのアプリ」と表示されたところをクリックする。