初心者、主婦、苦手な人向け パソコン活用情報
初心者、主婦、苦手な人向け パソコン活用情報
キーボード入力編
キーボード入力の覚え書き
基本的なキーボードの役割は文字や数字の入力をするためのものです。 英数字、漢字、ひらがな、カタカナ、記号などの入力ができます。入力方法にはローマ字入力とかな入力があります。文字には全角文字と半角文字がありそれぞれ違いがあります。
ローマ字入力とかな入力の違い
ローマ字入力が主流になっています。英数字と日本語(ひらがなや漢字)の両方が多少は入力しやすいと思います。かな入力はキーボードに書いてる平仮名を打っていくいきます。 英数字の入力がF9キーやF10キーなどで変換するします。これから慣れるならローマ字入力を覚えた方が良いと思われます。(このサイトでは以下はローマ字入力を説明しています。)

基本の文字入力
ひらがな文字と数字
ひらがなはローマ字で、数字はそのまま打てば入力できます。「、」「。」「ー」「」「・」もそのまま押せば入力できます。
漢字やに変換、一文字分の空白 スペースキー(長いバーのようなキー)
漢字の変換はスペースキー(長いバーのようなキー)です。
↑↓←→のキー(カーソルキー)
文字を入力するときなどに入力する位置を移動。
英文字 [F9]キー
英文字には[F9]キーで変換できます。
半角英数字 [F10]キー
半角の英数字は[F10]キーで変換できます。
カタカナ [F7]キー
カタカナは[F7]キーで変換できます。
半角カタカナ [F8]キー
半角カタカナは[F8]キーで変換できます。
記号 そのまま または [Shift]キーを押しながら
キーの左下に書かれた記号はそのまま、キーの左斜め上にかかれている記号などは[Shift]キーを押しながらキーで入力。 「/」、「,」、「.」、[]などは[F9]キー(全角)や[F10]キー(半角)で変換してください。
確定 [Enter]キー
確定前の下線の出ている文字を[Enter]キーで入力した文字、文を確定します。
[ESC]キー
確定する前の場合に変換を戻したり、何度か押すと文字は消える。

文字削除
[Back Space]キー
前の文字を一字消す。
[Delete]キー
後ろの文字を一字消す。

全角/半角の切り替え
全角文字と半角文字 [半角/全角]キー
全角文字と半角文字を切り替える。主に半角の英数字や記号の入力のときに切り替えて使います。

・ブラインドタッチの練習ソフト。

プラト 〔Win・Mac版〕 Keyboard Master Ver.6 ~思考の速さでキーを打つ~

価格:2,894円
(2015/10/9 20:43時点)
感想(0件)